ホメヲボックスの傾向と対策

ホメヲボックスのKKOが管理中。http://homewobox.wixsite.com/homewobox

イエローストーン国立公園に行ってみたい

今週のお題「行ってみたい場所」

こんばんは。KKOです。

なにか一つは今日のうちにせなあかん!という焦りに駆られながら、今日はお題に沿って書きます。

続きを読む

空虚生活のあれこれの記録

こんばんは。KKOです。

今日は空しい毎日を記録しようと思います。

画像はイメージです。実際の光景とは全く異なります。f:id:knit81:20171012223627p:plain

続きを読む

いい年した大人達がキャッキャする幸せ「RTほしがりおじさんのつぶやき」

こんばんち。KKOです。

今夜紹介する本はこちら。

がい子くじん著 「RTほしがりおじさんのつぶやき」

です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RTほしがりおじさんのつぶやき (IDコミックス) [ がい子くじん ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/10/11時点)


 

 

がい子くじんさんのファンで、ずっと書籍化を待っていました。

続きを読む

ヨッピー著 明日クビになっても大丈夫! を読んだ。

 こんばんちゃーっす。KKOです。

いつダメになって仕事をクビになるか、辞めることになるか、毎日戦々恐々としていました。

で、ちょっと前この本を買いました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明日クビになっても大丈夫! [ ヨッピー ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/10/5時点)


 

 

明日クビになっても大丈夫!

Webライターのヨッピーさんの初の単著です。

続きを読む

ああやっぱり私は音ゲーが好きだわ

とりとめのない話です。

 

会社帰りにゲームセンターに寄って、景品を集めたり音ゲーをしたりする。

会社帰りでなくても町中をぷらぷらしてゲームセンターがあったらとりあえず入り、遊ぶ。

遊ぶ音ゲーは大体グルーヴコースター、クロスビーツREV、maimai。チュウニズムも好きだけどよく混むのでそこまでやらない。

この3機種のうちどれか一つはどこのゲームセンターにもあるので安心だ。

続きを読む

考察も感想も野暮である 「蛭子能収初期漫画傑作選 パチンコ」

数か月前の事。幸運なことに、蛭子能収さんの本をプレゼントしてもらった。

蛭子能収初期漫画傑作選 パチンコ」だ。

続きを読む

社員は北朝鮮の喜び組ではございません。

 社員旅行がうざい

社員旅行があるなんて会社今時あるのwwwwと言われそうだが、典型的(悪い意味で)中小企業である我が社にはある。

続きを読む

ぐんにゃり期だよ

ぐんにゃり期です。KKOです。

うつぬけしてないので、うつトンネル逆戻りとはちょっと違います。

ぐんにゃり。

ブログに書きたい本や映画の感想や、描きたい絵は頭にたまってるんですけど、出力できません。にににん。頭がしんどい。

仕事関係の資料も纏めたいけど、ノータッチです。ににん。

とりあえず、ぐんにゃり期を抜けるまで、ちゃんと死なずに生きることを考えます。

カープが好調なので少し嬉しいです。

 

蛭子能収本とかルーの歌とかちゃんと記事を書きたいし、なんとなくカラ松の模写がしたい。

 仕事にはちゃんと通えてますので最低限のことはしてます。とにかく死なないこと。

取り敢えず近況報告ということで。ぐんにゃり。

広告を非表示にする

我が友、サインバルタとメイラックス

私が現在服用している精神系の薬は二種類ある。

サインバルタメイラックスだ。

いつかは服用しないで生きていけるようになりたい。そして、断薬できた時が私が緩解した事になるんだろうと思う。

服用している現在、ヒトならざる者が表向き普通に社会人生活を送ることはできているので、これらの薬はきちんと合っているのだろう。

中身はぐっちょんぐっちょんだがそれは心理療法で解決するほうがいい事柄も含まれているし、そのぐっちょんぐっちょんをうかつにおもらししないで済むのはだいたい薬のおかげである。サンキュー西洋医学。フォーエバー西洋医学。*1

 

私にとって薬は骨折した時のギプスや松葉杖だ。いずれは離れるべきだが、今使用していることは間違っていない。薬を服用しないとまともに生活を送れないことに絶望を感じることもたまーにあるが、松葉杖だと思いなおせば収まる。

目が悪くなったからメガネやコンタクトをかけるのと要は同じなのだ。恥ずかしいことではない。(やはりこうやって知らない他人に向かってなら寛容に書けるのに、自分に向かうととことんセルフいじめっ子になる。だからこれは自分に言い聞かせようとしていることでもある)

 

ここからはこのふたつの薬を飲んだ時の変化を記録しておく。あくまで自分の場合なので、「そーなのかー」ぐらいに受け取ってほしい。無論、同じ薬でも症状の違いや体質の違い、服用量、服用時間で変わってくる。

 

サインバルタ(デュロセキチン)

お付き合いが一番長い子。ピンクとクリーム色のツートンカプセルのおしゃれっ子。現在1日1錠まで減らすことができた。一日一条五日で五条

世界的にもポピュラーなSNRIである。あと名前が超かっこいい。

抗うつ効果は強く、やる気や意欲の改善が主な作用で、これがないと本当に「へんじがない ただのしかばねのようだ」となる。私が比較的普通に行動できるのはこれの作用が大きい。飲んでいて劇的な変化は感じないが、飲み忘れるとヤバい、そんな薬。よく人間関係で言われる「空気のような存在」、それがサインバルタちゃん。どうやってもマイナスになる意欲をとりあえず0まで引き上げる薬なのだと思う。

初めて処方されたときは2錠だった。休学中に残った単位をちまちま取っていたころ、どうも2錠では意欲が改善されなかったので、ドクターに頼んで3錠にしてもらったところ、寿命を爪でカリカカリカカリカリ削る音が脳の左奥から聞こえたので元に戻してもらった。ほんとなんだって。本当にカリカカリカリ聞こえて削られていると感じたんだって。これはあかん、寿命縮む、と本気で思った。2錠にしたらなくなったので3錠は多すぎたのだ。3錠の時の意欲改善効果も思ったほどではなかったので2錠で頑張ることにした。

本格的に大学に復帰してから1錠になり、今に至る。やっぱり空気ちゃん。

 

メイラックス(ロフラゼプ酸エチル)

ベンゾジアゼピン系の第三種向精神薬。白錠剤で軽い。飲むときに落としてよくなくすので飼いネコに見つかる前に速やかに回収しないといけない。

抗不安薬なので不安障害に対して使っている。

もっと症状が重かった時に処方されたことがあり、一度は断薬に成功。仕事を始めてからぶり返したので再度こんにちはした薬。

この薬の効果はもうそのまま、不安症状を和らげることにあるんだけど、本当に効果てきめんである。

これを飲んでいると周囲に見えない壁がつくられるような感じになり、周囲の状態や言動に過敏に反応しなくて済むようになる。本当に、環境が柔らかく感じられるようになる。精神的にネイキッドな自分に防御のための壁がつくられるのは本当にありがたい。これを飲まないとちょっとしたことに気を取られて不安になりやすい自分にとっては何もかもが苦痛でしゃーないのだ。こうなると寝床しか居場所がなくなってしまう。いや、寝床でもだめだ。不安はどこにでもあるしどこでも感じられる。

眠くなる副作用があるのだが、再度処方されたとき全く眠くならなかった。副作用に打ち勝ってやったぜと思ってそのことをドクターに話したら「それ、君が極度の緊張状態だからだよ。もっとリラックスしなさい」と言われた。もろ手を挙げて歓迎できる状態ではなかったようだ。最近では適度にねむみを感じるようになったので緊張状態は収まってきたのだろう。副作用があるということは、ある意味きちんと薬が効いている証拠なのだ。

 

 

打打打打と書いたがこうして読み返すとやっぱり適切に処方してもらっているんだなと改めて思った。

メイラックスはもうちょっとしたら常用から頓服に変えてもらうように頼んでもいいかもしれない。

治るまでよろしくね。

 

 

追伸

私のオトモアイルーはサポート傾向が回復かアシストの子に「サインバルタ」か「メイラックス」とつけている。名前がかっこいいから。


 

*1:東洋医学を軽んじているわけでは決してない。PMSには漢方薬がよく効いた。サンキュー東洋医学。フォーエバー東洋医学

「みんなの体操」で体を捗らせる

お題「健康」

 

うつ病の治療において、やはり適度な運動は必要不可欠である。

しかし、うつ症状が重く、動きたくない動けないという状態であれば、ウォーキングのために外出なんてなかなかできないし、スポーツなんてもってのほか、ますますできない。

 

また、私はうつ病を治療しながら社会生活を送っているが、スポーツ、運動をしない。

もともと運動音痴でスポーツの楽しさがいまいちわからないというのもあるのだが、やはり、運動しないといけないということはひしひしと感じている。

休日寝床から一歩も動かずにいると、やはり筋肉はえらい速さで衰える。

 

そもそも、適度な運動といっても個人差がある。うつ病治療中の運動においては「毎日少し、運動をする」ということから始めたほうがいいだろう。

 

おすすめは「みんなの体操」である。

NHKテレビ・ラジオ体操

11:30ごろからNHKでやっているテレビ体操ですね。

ラジオ体操より短い(5分くらい)。録画しておいて1日1回好きな時間にやるだけでいい。

1日1回5分だけという超低いハードルで気負わずやってみると、これがなかなか捗る。

出勤前5分間超真剣に体操するのだが、元来の運動音痴さがかなり重症なので動きは結構ガタガタである。でも慢性的な肩こりや背中の一部の痛みはこれでだいぶ緩和された(プラシーボかもしれないけど)。

 

ラジオ体操を真剣にやるとかなり汗をかくが、テレビ体操も真剣にやると結構体に効いている感覚がある。時間と動きの違いからテレビ体操で汗だくになることはないが、外出前に汗だくにならなくていいというのはうれしい。

 

やはりポイントは1日1回5分だけというところだ。それだけでも、うつ病治療中に今日はこれができた!と思えるきっかけになる。

もちろん、本格的な筋トレにはならない。立位と座位の両方のバージョンもあることからわかるように老若男女問わず「みんな」の体操だからだ。しかも点字での解説書も無料で配布されている。

私も完璧にこの体操がこなせるわけではない。腰を落として背中を丸めずに前傾姿勢をとることが、体が硬すぎてどうしても難しいからだ。

でもこういった形で体をほぐし、バランスをとるという習慣をつけることは、非常に意義のあることだと思う。私の通っている精神科のデイケアでも実施されているので、間違ってはいないのだろう。

 

ラジオ体操より気軽にテレビ体操、おすすめです。