ホメヲボックスの傾向と対策

ホメヲボックスのKKOが管理中。

精神病、就職する。

うつ病全般性不安障害自律神経失調症になり4年たつ。

今年の11月、私は正社員というものになった。

就職したのである。というか、できてしまった。

前置きしておくが、この日記は「精神病で職歴なくても就職できるよ!」という決してポジティブなものではない。

そもそもネガティブな病なのだから仕方ないのだけど、就職してから不安障害と自律神経失調症がぶり返したという話である。

 

 

~私の就職活動~

2015年

8月 大学卒業

11月 アルバイトを始める

2016年

4月 本格的に就職活動

8月 アルバイトをやめる

10月 内定を得るが辞退

11月 就職

 

流れとしてはこういう感じである。

服薬、治療をしながらの就職活動、しかも既卒

非常にしんどく、厳しい就職活動であったが、これでも仕事は見つかるものである。

ただ、あれだけ喉から手が出るほどほしかった「正社員」という肩書が、働き出して1か月、急速に色あせてきたのを感じる。

なぜか。書き出してみよう。

  • 仕事という新しい環境への適応がうまくいっていない
  • 12月だが、5月病なのかもしれない
  • 本当はどこかで仕事をしたくないと思っている
  • すでに人間関係で躓いている

うん。ものの見事に社会不適合だ。わかりやすくて笑う。

病院では、

「辞める、辞めないで考えるのではなくて続ける方法を考えよう。そして、続けることができなくなった時に辞めよう」

というアドバイスを主治医からいただいた。

「続ける、続けない」という考え方と「辞める、辞めない」という考え方は、結果は似たようになるが、継続する線と分断する点という意味で大きな違いがある。

辞める、辞めないという気持ちは、続ける方法を考える上では、分断する点になってしまうので、自信とやる気も分断されてしまうのだろうと解釈した。

 

 

何が起きても満足しない。そんな私は強欲人間。

で、就職したことに対して後悔というか疲れや迷い、不安を感じており、薬が増えた。

1年ぶり5回目である(適当です)。

では精神病が正社員で就職したことは間違ったルートだったのであろうか。

仮に、体をもっといたわって派遣やバイトを週3~4日で続けたとする。

これはこれで賃金、福利厚生の面で後悔していたであろう。3日~4日勤務で体が今より快調だったとして、「フルタイムで行けたんじゃね?」という迷いを生じるだろうということは私が一番わかっている。

では在宅ワークではどうだっただろう。最近はプログラム未経験でもできる仕事が多い。これはこれでよいとは思うが、やはり社会的後ろ盾のなさを気にして不安になると思う。そういった後ろ盾はフリーで働いて少しづつ形作っているものなのだが、いかんせん私はすぐ結果が出ないとへこんでしまい、ダメな部分しか見えなくなる。

つまり、どのルートも詰んでいる。

強欲であるので、現状に満足できない、さらに不安がつのり、体にめちゃくちゃな影響が出る。性格と病気の相乗効果で、手に入れた貴重な幸運ですらブン投げたくなってくる。とにかく自律神経に影響が出ているのが辛すぎる。頭痛、下痢、胸の冷感、肩こりが一気に襲ってきて、逃れたい、消えたいで頭がいっぱいになってしまうからだ。特に胸の冷感がきつい。本当にきつい。

 

で、現状どうするかである。薬が増えたので、すこし気持ちと体を落ち着けることはできるので、今の仕事を暫くは続けようと思う。今しんどいのは慣れていないというのが大きいからだ。もう少しすれば変わるかもしれない。どのルートも詰んでいて後悔するなら、まずは入ったルートをしばらく行くのがよいのかもしれない。

逆に、辞めるとしても、幸い(?)人の入れ替わりは激しめで新人がいつかない職場らしいので(逆に中堅を超えるとみな落ち着く)辞めることへの罪悪感はほんの少し軽減される。

1年後、続けているか辞めているかはその時の私のみぞ知る。

不安で押しつぶされそうだが、こうして文章化すると自分でも問題や計画がわかりやすくなって良いと思った。

だらだらとブログやツイッターでそういうことを書いていくだけでも、私には大きな発散になっている。

 

これでいいのだ。