ホメヲボックスの傾向と対策

ホメヲボックスのKKOが管理中。http://homewobox.wixsite.com/homewobox

分去れの道を想像すると、しんどいが新しい道があったりする。

お題「好きな短歌」

 

かの時に我がとらざりし分去れの片への道はいづこいきけむ

 

美智子皇后陛下の詠まれた歌です。

あの時選ばなかった道はどうなっていただろう、という意の歌。

あの時こうしていれば、と後悔することは多々あれど、あの時に戻ることは決してない。

ついつい選ばなかったほうの道が輝いて見えるのが人間の性なのだろう。

そんなどうしようもなさがシンプルに率直に詠まれており、好きな短歌の一つである。

分去れの道を想像するのは疲れる。どうしても選ばなかったほうに理想を重ね合わせて夢想するからだ。

だが、分去れの道に途中から進路変更することもできるのではないだろうか。

以前選ばなかった道を選ぶ。途中からでもやってみる。

それならば、決してできないわけではない。

でもそういう時に限って、進路変更前の道が輝いて見えたりもするのだけどね。

私は強欲なのだ。