読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホメヲボックスの傾向と対策

ホメヲボックスのKKOが管理中。

治療しながら仕事は可能であるかの件

気が付いたらうつ病&不安障害歴3年強になっていました。社内の蛮族KKOです。

ただいま私は正社員として働きながら治療しています。

 

実際に精神病で就労は可能じゃ!ということを体現できたのは良いですが、当然全く問題がないわけではありません。

会社には精神病のことを伏せて面接を受けて、採用されたので特に配慮はされてません。(言ってたら受かって無かったと思う)

入社して一か月後に途轍もない不安感が出て、涙がびゃーて止まらなくなりました。

幸い業務上マスク装着おkなのでマスクをして涙目で念仏を脳内で唱えながら仕事をしてました。こうして字にするとやべぇな。定期的に通院している病院では「適応障害のような状態かもね」とのことでした。

自分でも不思議なんですが、自分の腕が根元から「ぽちっ」と取れてしまう感覚がずーと頭の中にあって、しんどかった。取れるわけないのにね。人形や可動式フィギュアの腕が「こちっ」と取れるような感じが拭い去れず、結構リアルな感じで迫ってきておりました。

その後ちょうど1か月で転機があり、適応できない症状はぴたっと収まったんですが、数か月たっても「あー脳機能落ちたままだなー」という感じです。

 

私が社会人経験があったうえでうつ病になり、休職から復帰するおよび転職するのならまだスムーズに仕事に入ることができたと思います。ですが社会人経験0で初めての会社だと、ただでさえ新入社員、新社会人としてのストレスが加算されて、「このしんどさは新社会人ならみんな感じるんだろうか?それとも病的なものなのだろうか?」という見極めが大変難しい。対処が異なるから見極めないといけない。

 

タイトルの答えとしては、可能ではあるがしんどいということが落としどころでしょうか。人ならざる者が人里に降りてきて仕事をしているようです。

似たような状況の人がこのブログを読むこともある思うので希望のあることも書きたいんだけど、こういう中途半端な答えになります。可能ではあると。

 

会社側が私をどう思っているかがわからないので、きちんと働けているかという点はうまく答えられません。自分の中ではまだまだダメ人間ダメ社員なんですが、新入社員がいきなりプロプレイヤーにはなれないので、自分を追い詰めないようにしようと思います(これが非常に難しいからこうやって文章化する)。

 

 

 


 

 

記述が実践的で役に立った本。難しいところもあるけど専門的な内容でよかった。