読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホメヲボックスの傾向と対策

ホメヲボックスのKKOが管理中。

内線電話のディスコミュニケーションからの、認識と現実の不一致

目下のところ仕事で頭が痛いのは内線電話である。

話がうまく通じないからだ。

他の社員と同じことを説明しているはずなのに通じない。

電話越しにイライラと落胆とあきらめが伝わってくる。

言われるがままに他の社員に変わってもらって、横で会話を聞いてみる。ほかの社員が本当に自分と同じ内容を言っているのに、今度はきちんと伝わり、会話(電話)がつつがなく終了する。解せぬ。

これはもしかして、本当に同じことを言っているという自分の認識が間違っているということなのだろうか。

頭の中で考えていることと口に出していることが一致していないのかもしれない。

早口はよく指摘されるので、電話では声のトーンと速度にかなり気を使っているが、それでもだめだ。実際の速度と自分の感じている速度が一致していないのか。

どうも脳で認識している世界と、自分が現実にやっていることが一致していない可能性が非常に高い。

今、はてぶにうpする文章を書いている。自分の意図しているものを書いているつもりだが、現実に作成されて読まれることになる文章は全く異なるものになっているということだろう。

こうやって、自分の認識、認知を疑いだすときりがない。

以前のバイトでも、狐に化かされているのではないかと思うほど、考えて行動したことと、その状態が一致しないことがあった。

これはなんなんだろうね。

集中力の問題かと問われると、そうかもしれない。でも確信が持てない。

確信をもっていても、どうも違うらしいということがあるからだ。自分のことでも。

やったはずなのにできていない、書いたはずなのに残っていない、そういうことが何度も起こるので、メモ魔と化したのであった。

外線電話だとこういうディスコミュニケーションは起きにくい。これも理由がわからない。

外への電話だから余計に気を使っているせいだろうか。

内側の人に「何を言っているのかわからない」と言われたことが何回かあるが、逆に私からすると「なんでわからないのかわからない」なので非常に混乱する。そんなに難しい連絡をしているわけではない。

 

内線電話は業務上出ないといけないので出る。私が一番下っ端なので、できるだけ電話を取り、ほかの人に代わるほうがいいということらしい(本当にみんな、電話に出ることができないほど忙しい、毎日)。

でも向こうからしたらM18クレイモア地雷が電話に出たのと同じである。だからめちゃくちゃ気を遣う。

どうにかしたいのだが、前述のとおり、ゆっくり話すことと、必要な情報を取捨選択して話すこと、自分の認識している現実を疑い、少しでも本物の現実にすり合わせていくしかないんだろうと思う。

それでも伝わらないのは、もうわからない。

とにかく、電話越しの落胆とため息とあきらめを感じ、ただただ申し訳なくなるという話。