ホメヲボックスの傾向と対策

ホメヲボックスのKKOが管理中。http://homewobox.wixsite.com/homewobox

「みんなの体操」で体を捗らせる

お題「健康」

 

うつ病の治療において、やはり適度な運動は必要不可欠である。

しかし、うつ症状が重く、動きたくない動けないという状態であれば、ウォーキングのために外出なんてなかなかできないし、スポーツなんてもってのほか、ますますできない。

 

また、私はうつ病を治療しながら社会生活を送っているが、スポーツ、運動をしない。

もともと運動音痴でスポーツの楽しさがいまいちわからないというのもあるのだが、やはり、運動しないといけないということはひしひしと感じている。

休日寝床から一歩も動かずにいると、やはり筋肉はえらい速さで衰える。

 

そもそも、適度な運動といっても個人差がある。うつ病治療中の運動においては「毎日少し、運動をする」ということから始めたほうがいいだろう。

 

おすすめは「みんなの体操」である。

NHKテレビ・ラジオ体操

11:30ごろからNHKでやっているテレビ体操ですね。

ラジオ体操より短い(5分くらい)。録画しておいて1日1回好きな時間にやるだけでいい。

1日1回5分だけという超低いハードルで気負わずやってみると、これがなかなか捗る。

出勤前5分間超真剣に体操するのだが、元来の運動音痴さがかなり重症なので動きは結構ガタガタである。でも慢性的な肩こりや背中の一部の痛みはこれでだいぶ緩和された(プラシーボかもしれないけど)。

 

ラジオ体操を真剣にやるとかなり汗をかくが、テレビ体操も真剣にやると結構体に効いている感覚がある。時間と動きの違いからテレビ体操で汗だくになることはないが、外出前に汗だくにならなくていいというのはうれしい。

 

やはりポイントは1日1回5分だけというところだ。それだけでも、うつ病治療中に今日はこれができた!と思えるきっかけになる。

もちろん、本格的な筋トレにはならない。立位と座位の両方のバージョンもあることからわかるように老若男女問わず「みんな」の体操だからだ。しかも点字での解説書も無料で配布されている。

私も完璧にこの体操がこなせるわけではない。腰を落として背中を丸めずに前傾姿勢をとることが、体が硬すぎてどうしても難しいからだ。

でもこういった形で体をほぐし、バランスをとるという習慣をつけることは、非常に意義のあることだと思う。私の通っている精神科のデイケアでも実施されているので、間違ってはいないのだろう。

 

ラジオ体操より気軽にテレビ体操、おすすめです。