ホメヲボックスの傾向と対策

ホメヲボックスのKKOが管理中。http://homewobox.wixsite.com/homewobox

未来のミライはホームビデオ

未来のミライを観に行きましたので感想を書きます。

ストレートな感想

 観たんですけど、うーんいまいち刺さらない。

これはファンタジー要素のあるホームビデオのようだなぁと思います。

くんちゃんを中心に話が組み立てられているのでくんちゃんを第三者的カメラが撮ったホームビデオのように思いました。

もちろん現実のホームビデオと全く同じではありません。

タイムスリップしたり、ゆっこ(犬)に変身したり、未来のみらいちゃんに出会ったり。

不思議要素もすべてカメラに収めたホームビデオだと思います。

 

 

なぜいまいちハマれないのか

子育てを体験していないからかな、と思います。

逆にくんちゃんの駄々やわがままが何となく理解できるので自分の子供時代を反省することができました。

そういうポジションや経験の差がハマれない原因なのかなと思いましたが、もうちょっとなんかあるだろうと思い、少し考えました。

この映画はくんちゃんの成長譚として考えると起伏の繰り返しが多すぎるんです。

適当な図ですが、小さな山がくんちゃんの試練、ちょっと大きい山が不思議な出来事としてみてください

f:id:knit81:20180815225826p:plain

何度も「くんちゃんすきくない!」の後に不思議な出来事が起きてくんちゃんの問題が成長したのかな?という感じでうやむやになっていく。

さらに不思議な出来事を乗り越えた後も劇的に成長するわけではないので似たようなわがままで「くんちゃんすきくない!」になってしまう。

同じような起伏が続くので正直しんどくなってしまう。

ただ子供の成長ってそんなに一足飛びにいい子になるものではないので「くんちゃんすきくない!」の繰り返しはある意味リアリティがありました。ただそれで映画が面白くなるかは別で。

一番大きな不思議な出来事が未来の東京駅の出来事&未来のミライちゃんとファミリーツリーをたどる旅をする場面だと思いますが、その後、映画の最後にやっとくんちゃんはみらいちゃんを本当に受け入れるような行動をとります。

少しづつ家族生活を通して受け入れるというよりも不思議な出来事のせいでいきなり受け入れた感があって疑問が残りました。

ひぃじいじ(福山雅治)がすごい男前(顔も性格も)であったからよかったもののくんちゃんの家のファミリーツリーにはどうあがいても屑人間やダメ人間はいなかったのかな……未来のみらいちゃんがあえて見せてないだけだと思うんだけどね。

私があのようなファミリーツリーのインデックスを見せられたらまず父方のじーさんがかなりの難物なのでげんなりしそうだ。

 

 

くんちゃんのアイデンティティはそれでいいのか

未来の東京駅でみらいちゃんをとっさに守り、遺失物係に「くんちゃんはみらいちゃんのおにいちゃん!」と宣言することで自分を取り戻したくんちゃん。

くんちゃんのアイデンティティの確立を表現しているものだと思うんですが、「みらいちゃんのおにいちゃん」というだけのアイデンティティでいいのだろうかと思っていしまう。

これに関しては一緒に観に行ってくれた人が「子供なんだしそれくらいでいいんじゃないか」と言っていたので「そんなものかなー子供だしいいかー」とも思うのですが。

ただアイデンティティの確立=みらいちゃんのおにいちゃんということを受け入れる

みたいに見えてしまうのはいまいちだなーと思います。アイデンティティってもっと複雑なものだと思うのです。

 

それでも観てよかった

たくさん文句を書いてしまいましたが観てよかったと思います。

映像表現のすばらしさ、演技も良かったです。特に星野源福山雅治

最も素晴らしいと思ったのは音楽です。未来のテーマ。

最後のうたのきしゃで泣きました。

不思議体験を抜けば家族が何となくベストではないけどベターな感じに緩やかに動いていく様を見ることができたと思います。やっぱりホームビデオだな。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミライのテーマ/うたのきしゃ [ 山下達郎 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/8/15時点)


 

 ひぃじぃじと同じバイクに乗るたつろーくん